大谷資料館

令和元年5月連休に行きました。天候にも恵まれ楽しい一日でした。

大谷石は時間と共に色が変化いたします。

採石された時は水分を含んでいるのでグリーン系の色です。

そして石が乾燥していくと白っぽい薄いグリーン系の色に変わり、その後茶系の色が混ざったような色に変色します。

グリーン → 白 → 茶 という感じです。大谷石は流紋岩質溶結凝灰岩の一種になります。

大谷石の特徴は柔らかいので加工性に優れています。

 

その反面加工中に角欠けが生じる事があり、数ミリ程度の角欠けがある製品もあります

平和観音

平和観音は、テレビ番組「ウルトラマン特撮マン80」に、平和観音の後光で怪獣を撃退するエピソードがあることも有名です。終戦後間もない昭和23年から6年かけて大谷石採石場後に 

高さ27メートル 「平和観音」

平和観音は宇都宮の中心街から約8km西方に位置する大谷町にある。太平洋戦争の戦死者を追悼する為、終戦後間もない昭和23年から6年かけて大谷石採石場跡の凝灰岩層壁面に総手彫りで彫られた像高88尺8寸8分(23.93m胴回り20mの石像観音菩薩立像である。

 

大谷寺(千手観音)

大谷寺は大谷石凝灰岩層の洞穴内に堂宇を配する日本屈指の洞窟寺院である。 本尊は、凝灰岩の岩壁に彫られた丈六(約4.5メートル)の千手観音で、一般には「大谷観音」の名で知られている定かではないが千手観音が造立された平安時代中期には周辺住民等の信仰の地となっていたものと推定されている。

宇都宮城

11世紀の平安時代後期、宇都宮氏の祖である藤原宗円によって宇都宮城が築かれたとされる。藤原宗円が前九年合戦で源頼義・義家に協力し、功績を上げたため下野国守護職を得ている。下野国一宮(宇都宮明神・二荒山神社)の社務職となったことから、下野宇都宮氏の発祥は神職者だったようだ。余談だが、藤原秀郷が宇都宮城を築城した説もあり、詳しいことは分かっていない。

カワセミを枠に入れてみました

我が家のバラ

3月頃から咲き始め、5月10日頃満開に、今年は色も良く充分楽しませてくれました。複数の画像をつないでみました。

事業

このテキストは、サンプルのテキストです。これらのテキストを書き換えて、コンテンツを作成することも可能です。

 

また、+ボタンをクリックすることで、テキストや画像など、好みに応じてコンテンツを追加できます。

サービス

このテキストは、サンプルのテキストです。これらのテキストを書き換えて、コンテンツを作成することも可能です。

 

また、+ボタンをクリックすることで、テキストや画像など、好みに応じてコンテンツを追加できます。

お問い合わせ

このテキストは、サンプルのテキストです。これらのテキストを書き換えて、コンテンツを作成することも可能です。

 

また、+ボタンをクリックすることで、テキストや画像など、好みに応じてコンテンツを追加できます。


ページタイトル・キャッチコピーなど